居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など
店舗を居抜きで売却するためのチェックポイント

高く売れるフランス料理店舗とは?

  • 高単価の店は落ち着いた立地、ゆとりある空間が好まれる

  • 個人で初出店の場合は15〜20坪程度の広さを探すケースが多い

  • 多様な調理法に対応するガス機器があると良い

  • 客層や客単価といった情報を買取希望者へ可能な限り提供する

買手に好まれる物件・立地・条件

フランス料理店は高単価のグランメゾンから低単価のビストロなどに細分化されます。高単価のレストランの場合は、駅から少し離れた落ち着いた立地、そして店内にもゆとりある広さが求められる傾向。逆にビストロなどの低単価の店舗、特に個人で初出店するケースでは、15〜20坪程度の広さが好まれる傾向です。

売却成功のためのチェックポイント -フランス料理編

  • 設備

    フランス料理は様々な調理法が求められるため、それに対応できるよう、ガス・水道・電気といったインフラは高容量のものが好まれるようです。厨房機器に関しては、ヒートトップガスレンジやコンベクションオーブンなどのガス機器、そしてワインセラーなどがあると高ポイント。これらの機器は、買取希望者が内見にくる際にしっかりと整備しておきましょう。

  • 調度品

    またフランス料理店では、テーブルや椅子、食器やグラスで店の個性を表す店舗も多いですが、これらの調度品は高額なケースもあるので、あらかじめ譲渡希望価格を詳細に決めておくといいでしょう。場合によっては、こうした調度品だけ別の売却先を探すという選択もできるはずです。

  • 売却成功の秘訣

    そして大切なのが、これまでの営業で培った情報を、購入希望者にしっかりと伝えること。どのような客層が訪れるのか、客単価はいくらぐらいなのか…といった情報を可能な限り提供するこで、買取希望者に出店成功のイメージを持っていただくことが重要です。フランス料理店は目的来店性の高い業態なので、そうした顧客情報を共有することが、居抜きでの店舗売却の成功の秘訣です。

別業態への売却実績

フランス料理店舗は、様々な業態へと変更可能でです。

フランス料理業態の店舗売却事例
居抜き情報.COMへの店舗売却お問い合わせ/オンライン査定

オンライン査定なら、今すぐ無料で、あなたのお店の譲渡額を算出できます。

オンライン査定はこちら

居抜き店舗を売却ご希望の方、お気軽にご連絡ください。
専門スタッフが、丁寧にご対応させていただきます!

相談無料 秘密厳守
お電話でのお問い合わせ 03-5768-9522 ◆受付時間 10~19時(土日祝祭日除く) ◆居抜き情報.COM担当者まで
オンラインフォームでお問い合わせ 店舗売却の
ご依頼・ご相談はこちら