居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など

賃貸借契約に関するポイント

成約している居抜き店舗のポイントとして、売り手が様々な対応に柔軟に協力して頂ける方が成約に到る傾向が強くあります。専門スタッフの目線から協力をして頂きたいポイントをお伝え致します。

賃貸借契約の原状回復義務について理解しておく

店舗の賃貸借契約では、一般的に原状回復が義務づけられています。つまり造作などを譲渡・売却することは基本的にはできない契約となっています。

店舗譲渡が成り立つ為には、次テナントが造作残置(スケルトンにせずそのままの状態)を希望し、 且つその旨を貸主に認めてもらうことが必要となります。

賃貸借契約書上でスケルトン渡しが謳われていたとしても、次のテナントがいるということであれば、譲渡を認める貸主がほとんどです。

居抜き情報.COMの専門スタッフが、譲渡を認めていただけるような進め方をお伝えすることも可能です。

居抜き情報.COMでは、あなたの店舗の飲食設備(厨房設備、厨房機器、調理器具、他)、内部装飾物、什器備品などを譲渡する際に目安となる譲渡額を、無料で算出させていただきます。

◆無料オンライン・スピード査定
画面の指示に沿ってお店の情報を入力するだけで、すぐに結果が分かります。もちろん無料ですので、お試しでの査定も問題ありません。
◆無料訪問査定
もし売却の意思がある場合、専門スタッフが訪問し、詳細な査定を無料で実施することも可能です。
エリアによっては対応しかねる場合がありますのでご相談ください。)
「無料オンライン・スピード査定/無料訪問査定」のご依頼はこちらから
◆すぐに売却されたい方、売却の進め方を知りたい方、飲食店.COMの譲渡情報へ店舗の掲載を希望される方
下のボタンよりご連絡ください。弊社専門スタッフが迅速に対応させていただきます。
売却のご依頼・ご相談はこちら