居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など

店舗を居抜きで売却するための基礎知識

店舗を居抜きで売却した場合と、通常の撤退した場合と比較してご説明いたします。

店舗の撤退について

店舗を撤退する場合、一般的に6ヶ月前や3ヶ月前に解約予告を通知する義務があります。
すぐにでも撤退したい場合、解約予告を通知してから撤退するまでの期間は無駄な空家賃が発生するということになります。
また撤退する場合、原状回復を必要とする契約が多く、原状回復費用として内外装などの解体費用が必要となります。
つまり撤退するにあたり、空家賃や原状回復費用など多くのコストがかかるということになります。

解約せずに店舗を譲渡できた場合

さらに、、 譲渡額300万で売却できた場合

「居抜き情報.COM」は、出店希望者に対して居抜き店舗を売却することで、撤退費用の軽減・売却による収益獲得を目指します。
「飲食店.COM」の多数の出店希望者に対して居抜き店舗を告知し売却を行うことで、スムーズかつ低コストでの撤退が可能となります。