居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など
店舗を居抜きで売却するためのチェックポイント

高く売れるラーメン店舗とは?

  • 繁華街では10坪以下の店舗が好まれる

  • ダクトやグリーストラップは完備しているのが望ましい

  • 周辺情報の提供でスムーズな売却を狙える

買手に好まれる物件・立地・条件

繁華街やビジネス街の駅近物件であれば、10坪以下でカウンターメインの店舗が好まれる傾向。逆に郊外のロードサイド型の店舗であれば、駐車場があり、看板やサインが設置しやすい視認性の高い立地が好まれるようです。

売却成功のためのチェックポイント -ラーメン編

  • 設備

    ラーメン・つけ麺の専門店は臭気の問題があるため、出店可能な物件が限られています。そのため、ラーメン店の居抜き物件は大変需要があり、積極的に造作譲渡が行われています。異業態への転用が見込める居酒屋などとは違い、同業態への売却が主体となるのも、ラーメン店売却の大きな特徴と言えるでしょう。
    設備としては、ラーメン店の基本であるダクトやグリーストラップの完備が求められることが多く、そのうえで、茹で麺器、餃子焼き機、製麺機、スープレンジ、券売機といった機器が揃っていると高評価に繋がるようです。また夏の厨房は高温多湿になりやすいので、給排気設備の性能がアピールポイントにも。ちなみにこれらの機器はしっかりと整備されていることが求められます。グリーストラップ周辺の臭気や油汚れを抑え、茹で麺器などの機器もできる限り清潔に保つことを心掛けましょう。

  • 売却成功の秘訣

    その他、留意する点としては、周辺情報の提供をしっかりと行うこと。例えば、臭気が原因で近隣からの申し立て(クレーム)があった際は、包み隠さず事実を伝え、どのような対策を取ったのか伝えましょう。また、繁華街などの激戦区では、周囲の競合店の情報や、客層について、さらに看板設置のルールなど、店舗運営に関わる細かな情報を提供することも、スムーズな売却を狙うために必要なことです。

別業態への売却実績

ラーメン店舗は、様々な業態へと変更可能でです。

ラーメン業態の店舗売却事例
居抜き情報.COMへの店舗売却お問い合わせ/オンライン査定

オンライン査定なら、今すぐ無料で、あなたのお店の譲渡額を算出できます。

オンライン査定はこちら

居抜き店舗を売却ご希望の方、お気軽にご連絡ください。
専門スタッフが、丁寧にご対応させていただきます!

相談無料 秘密厳守
お電話でのお問い合わせ 03-5768-9522 ◆受付時間 10~19時(土日祝祭日除く) ◆居抜き情報.COM担当者まで
オンラインフォームでお問い合わせ 店舗売却の
ご依頼・ご相談はこちら