居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など

造作譲渡と事業譲渡・営業譲渡の違いは何ですか?

売却現場のQ&A

造作譲渡の場合は、店内にある設備・機器・内装などに金額を付けて売買を行います。
事業譲渡の場合は、造作設備以外にも従業員の雇用継続やレシピ、のれん、会社の株式など、会社そのものを譲渡することがあります。
ケースによっては、1店舗だけではなく複数店舗の譲渡になる場合もあり、造作譲渡よりも高額での取引が一般的です。

事業譲渡・営業譲渡では、従業員を引き継ぐことができるなど、高額取引となった場合でも買い手側に大きなメリットがあります。
売手にとっても、高額の売却益を手に入れるチャンスがあります。
だたし、造作譲渡に比べ契約までの時間がかかったり、成約する案件に偏りが出てしまう場合もあります。

居抜き情報.COMでは、お客様に合った売却方法をご提案いたしますので、お問い合わせ時にお気軽にご相談ください。

オンライン査定なら、今すぐ無料で、あなたのお店の譲渡額を算出できます。

オンライン査定はこちら

居抜き店舗を売却ご希望の方、お気軽にご連絡ください。
専門スタッフが、丁寧にご対応させていただきます!

相談無料 秘密厳守
お電話でのお問い合わせ ◆受付時間 10~19時(土日祝祭日除く) ◆居抜き情報.COM担当者まで