居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など
店舗を居抜きで売却するためのチェックポイント

高く売れる洋食店舗とは?

  • 人通りの多い立地や、視認性がいい立地が好まれる傾向

  • カフェやバルなどの他業態へ転用されるケースも多い

  • 入居するテナントでどのような業態が営業可能か把握しておく

買手に好まれる物件・立地・条件

洋食店には様々なタイプのものがありますが、幅広い客層が見込めるのが特徴です。そのため、立地の傾向としては衝動来店が狙えるある程度の人通り、人通りが少ない場合でも、視認性の良い場所であれば好まれる傾向にあるようです。

売却成功のためのチェックポイント -洋食編

  • 内装

    洋食店はシンプルな内装である場合が多いので、他業態へ転用されやすいのが特徴です。小規模店ならカフェやバル、ビストロなどへ、少し広めの店舗ならダイニングバーへ転用されるケースもあります。そうした他業態への転用も視野に入れ、準備を進めていくことが、洋食店を売却するうえで重要な鍵となります。

  • 売却成功の秘訣

    まず大切なのが、自店舗が入居しているテナントで、どのような業態が営業可能なのか、その辺の情報をまとめておくこと。例えば、焼鳥店や焼肉店などの煙が多く出る業態、そしてラーメン店などの臭いが気になる業態は、テナントによっては営業が難しいケースもあるので、そうした情報はあらかじめ買取希望者へ伝えておきましょう。
    また、これは洋食店に限ったことではないですが、ダクトやグリーストラップといった基本設備をしっかりと整備し、さらに店内の清掃も丁寧に行うことで、内見時に好印象を持ってもらえるよう最善を尽くすことが大切です。

別業態への売却実績

洋食店舗は、様々な業態へと変更可能でです。

洋食業態の店舗売却事例
居抜き情報.COMへの店舗売却お問い合わせ/オンライン査定

オンライン査定なら、今すぐ無料で、あなたのお店の譲渡額を算出できます。

オンライン査定はこちら

居抜き店舗を売却ご希望の方、お気軽にご連絡ください。
専門スタッフが、丁寧にご対応させていただきます!

相談無料 秘密厳守
お電話でのお問い合わせ 03-5768-9522 ◆受付時間 10~19時(土日祝祭日除く) ◆居抜き情報.COM担当者まで
オンラインフォームでお問い合わせ 店舗売却の
ご依頼・ご相談はこちら