居抜き物件・飲食店の店舗売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM
03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
お問い合わせ 居抜き店舗の売却相談など
店舗を居抜きで売却するためのチェックポイント

高く売れるバー店舗とは?

  • 表通りに面したにぎやかな立地よりも、落ち着いた雰囲気の立地が好まれる

  • 地下階や空中階にある店舗、坪数が少ない店舗でも需要あり

  • 開業にあたっての許可・申請について情報をまとめておく

買手に好まれる物件・立地・条件

バーは、ゆっくりとお酒を嗜むことを目的とした業態のため、表通りに面した1階路面店よりは、一歩筋を入った、落ち着いた雰囲気の立地が好まれる傾向にあります。また店舗の広さについても、狭い方が好まれる傾向にあるため、坪数が少ない店舗でも積極的に売買が行われているのが特徴です。

売却成功のためのチェックポイント -バー編

  • 設備・営業許可

    バーはお酒を主体とした業態なので、調理をおこなうための設備・機器については、あまり問われない傾向にあるようです。ただし冷蔵庫、冷凍庫、そして製氷機は最低限必要になるので、内見前はしっかりと整備しておきましょう。
    重要なポイントは、そのテナントで「深夜酒類提供飲食店営業」の許諾が取れるかとうか。取れない場合は、通常の営業許可で運営していく必要があるので、そうした情報はあらかじめ伝えられるようにしていきましょう。

  • 売却成功の秘訣

    バーといえば、2軒目・3軒目として利用されることが多い業態です。そのため、1軒目として利用するであろう周囲の飲食店が、どのような業態であるかによって、客層も随分変わってきます。これらの周辺情報について、そして今までの客層について細かに伝えてあげることが、スムーズな売却へと繋がるので、事前に情報を整理しておくと良いでしょう。

別業態への売却実績

バー店舗は、様々な業態へと変更可能でです。

バー業態の店舗売却事例
居抜き情報.COMへの店舗売却お問い合わせ/オンライン査定

オンライン査定なら、今すぐ無料で、あなたのお店の譲渡額を算出できます。

オンライン査定はこちら

居抜き店舗を売却ご希望の方、お気軽にご連絡ください。
専門スタッフが、丁寧にご対応させていただきます!

相談無料 秘密厳守
お電話でのお問い合わせ 03-5768-9522 ◆受付時間 10~19時(土日祝祭日除く) ◆居抜き情報.COM担当者まで
オンラインフォームでお問い合わせ 店舗売却の
ご依頼・ご相談はこちら