原状回復工事比較ナビへ

原状回復工事・解体工事のお見積もりなら、原状回復工事比較ナビへ

03-5768-9522 受付時間 平日10時~19時
見積もり依頼 比較・検討が可能
  1. トップ
  2. 原状回復とは?
原状回復とは?
店舗の基本的な賃貸借契約では、テナント側は契約終了後(退去時)に、原則として原状回復義務(入居時の状態に戻すこと)を定められていることがほとんどです。

通常、原状回復をする場合、「内装解体工事」 「スケルトン工事」 「廃棄物処理」 など様々な工事を行う必要があります。また原状回復をするには、賃貸借契約の内容確認や現地調査をもとに、造作物解体の範囲、建物付帯物の撤去、廃棄処理方法の検討、修復工事の仕方など、貸主側と原状回復の内容を確認する必要もあります。

そのため、多くの時間と費用がかかってきますので、専門家にご相談することをお勧め致します。

原状回復工事

店舗の場合、契約期間満了でテナントが退去する時に、テナント都合にて設置した諸造作、設備などを取り除いた状態で貸主に部屋を返す原状回復を義務づけられていることが殆んどです。
店舗の場合は、看板などの建物付帯物・諸設備の撤去や床・壁・天井の修繕などの修繕工事が必要になってきます。

内装解体工事

原状回復をする際に、不要となる諸造作の解体・撤去をすることです。通常は、専門の解体業者に依頼をします。

スケルトン仕上げ

新しいテナントが内装や設備機器を新設するために、建物構造体のみを残して全て解体し、床・壁・天井、配線・給排水管・吸排気設備などを入居時の状態に戻すことです。
店舗の場合は、コンクリートの打ちっぱなしの状態にすることがほとんどです。

廃棄物処理

解体工事や建物付帯物の撤去をした際に発生する廃材や廃棄物を正規の方法にて専門の廃棄物処理業者にて処理をすることです。悪質な業者だと「不法投棄」をされる恐れがあります。
当サイトでは
原状回復工事比較ナビでは、無料で原状回復工事の見積もりを行っていただくことができます!
契約をされても報酬はいただきません!
複数の業者に見積もり依頼を出すので、比較・検討をしていただくことができます。
少しでも費用を抑えたい、という方はぜひ見積もりサービスをご利用ください。
原状回復・解体工事の流れ
今すぐ見積もり

工事場所の郵便番号をご入力ください。

当サイトの関連サービス
  • 店舗を丸ごと居抜きで売却
  • 厨房機器の高価買取り
姉妹サイトのサービス
  • 店舗物件探し
  • 厨房・備品を探そう
  • 店舗クリーニング比較
  • 店舗デザイン.COM
isms
▲このページのトップへ戻る